Windows10でbash(Ubuntu)

installの仕方は、Windows 10でLinuxプログラムを利用可能にするWSL(Windows Subsystem for Linux)をインストールする(バージョン1803対応版)とか。

で、シェルを立ち上げて真っ先に思ったのは、この/homeってWindowsから見たらどこだろう、と。
正解は、
%userprofile%\AppData\Local\Packages\CanonicalGroupLimited.UbuntuonWindows_79rhkp1fndgsc\LocalState\rootfs\home\<アカウント>
%userprofile%は、いわゆるWindows側のユーザーホームフォルダ。


とりあえず、apt-getしてみる。
~$ sudo apt-get update
[sudo] password for xxx:
Get:1 http://security.ubuntu.com/ubuntu bionic-security InRelease [83.2 kB]
Hit:2 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic InRelease
Get:3 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-updates InRelease [88.7 kB]
Get:4 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic-backports InRelease [74.6 kB]
Get:5 http://archive.ubuntu.com/ubuntu bionic/universe amd64 Packages [8570 kB]
・・・

これでレンタルサーバも生粋のシェルで行ける!


関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://nosource.blog.fc2.com/tb.php/181-395dd6e4
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

Amazon

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
38位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Copyright © nopgm