Gitの簡単な使い方

Gitの簡単な使い方

branchの作り方からcommitまで

やりたいこと コマンド
ブランチの作成 $ git branch ブランチ名
ブランチの切替 $ git checkout ブランチ名
commit済fileの取得 $ git checkout ファイル名
localの変更をremoteへ反映 $ git push origin リモートブランチ名
remoteの変更をlocalに反映 $ git pull
$ git pull origin ブランチ名
localブランチの削除 $ git branch -d ブランチ名
remoteブランチの削除 $ git push -delete origin リモートブランチ名
remoteブランチの取得 $ git checkout localブランチ名 origin/リモートブランチ名
localとremoteのdiff (commit後)
$ git diff master origin/master
(変更前のローカルブランチ)
$ git fetch
$ git diff master origin/master (masterは任意のブランチ名に変更)
git管理されているファイルの表示 $ git ls-files
git管理されていないファイルの表示 $ git ls-files --others --exclude-standard
commit履歴の確認 $ git log [-p ファイルパス]

remote masterの変更をlocalのブランチに反映

1. $ git checkout master
まず、materに切替
2. $ git pull origin mater
materの変更をlocalに反映
3. $ git checkout branch-dev
現在変更中の開発ブランチに切替
4. $ git merge master
masterの内容を開発ブランチにマージ
ここでコンフリクトが出る場合がある
5. $ git push origin branch-dev
masterをマージした開発ブランチをremoteにアップロード
この後で開発ブランチのPRを行う


関連記事

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
https://nosource.blog.fc2.com/tb.php/139-11f86405
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

カテゴリ

Amazon

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
47位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Copyright © nopgm