M1 macbookでemacsのbuild

M1 macbookが来たので早速emacsのbuild。

普通にやると下記のようなエラーがでるので、arch -x86_64 をつけてrosetta上でやるとうまくいく。
configure: error: Emacs does not support 'arm-apple-darwin20.1.0' systems.

$ arch -x86_64 bash
The default interactive shell is now zsh.
To update your account to use zsh, please run `chsh -s /bin/zsh`.
For more details, please visit https://support.apple.com/kb/HT208050.
bash-3.2$ ./configure --prefix=${HOME}/local --without-x --with-gnutls=no --with-mailutils
checking for xcrun... xcrun
checking for make... yes
checking for GNU Make... make
checking build system type... x86_64-apple-darwin20.1.0
checking host system type... x86_64-apple-darwin20.1.0
checking for gcc... gcc
...

$ make
/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/usr/bin/make -C lib all
  GEN      alloca.h
  GEN      byteswap.h
...

bash-3.2$ ./src/emacs --version
GNU Emacs 27.1
Copyright (C) 2020 Free Software Foundation, Inc.
GNU Emacs comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY.
You may redistribute copies of GNU Emacs
under the terms of the GNU General Public License.
For more information about these matters, see the file named COPYING.

Emacs 27.1のelpy設定

emacs install後にelpyの設定を忘れてしまうのでそのメモ。

M-x package-list-packages を行うと下記のようなエラーが出る場合、必要なtoolや設定がされていないのが原因。
Could not create connection to orgmode.org:443

gnutls-cliのコマンドが失敗している場合があるのでgnutlsをインストールする必要がある。

まず、 .emacsにrepositoryを設定

(require 'package)
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "http://melpa.org/packages/") t)
(add-to-list 'package-archives '("melpa-stable" . "http://stable.melpa.org/packages/") t)
(add-to-list 'package-archives '("org" . "http://orgmode.org/elpa/") t)
(add-to-list 'package-archives '("ELPA" . "http://tromey.com/elpa/") t)

gnutls をインストール

homebrewで入れるのでまずhomebrewをインストール。その後、gnutlsをインストール。
https://brew.sh/index_ja

M1 macbook air で試したが、関連するpkgは既にarm版があったので非常に楽。対応早すぎ。
$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"
$ brew install gnutls

これで、package-list-packages時に実行される「gnutls-cli --x509cafile /etc/ssl/cert.pem -p 443 rgmode.org’ --protocols ssl3...」が正常終了するようになる。

その後は、sudo pip3 install virtualenv flake8 等で、elpy-configに必要なものを入れる。

カテゴリ

Amazon

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
38位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Copyright © nopgm