Androidの秒なしDigitalClock widget

Verによって秒ありと秒なしのウィジェットがあるようで。

SDKのAPIバージョンにが2.2までは秒ありで、2.3以上は秒なしとなっている模様。
これからアプリを開発する場合は、もう2.2系をサポートすることはないか思いますが2.2系で秒なしのウィジェットを使いたい場合は、2.3のソースをそのまま持ってくれば動く模様。

2.2系 秒あり DigitalClock.java

2.3系 秒なし DigitalClock.java

違いは、フォーマット指定の「h:mm:ss」か「h:mm」。
    private final static String m12 = "h:mm:ss aa";
    private final static String m24 = "k:mm:ss";

    private final static String m12 = "h:mm aa";
    private final static String m24 = "k:mm";

作り的には、2.2系の方が簡単なので、2.2のソースのフォーマットを変えて別クラス名にして使用中。
後は、1秒ごとに更新させるか60秒ごとに更新させるかの違いぐらい。

カテゴリ

Amazon

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
47位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Copyright © nopgm