dateコマンド(Linux) フォーマット日付、Unixタイムスタンプ、X日前後の取得

dateコマンド(Linux編)
dateコマンドもバージョンによって方言がかなりあり、BSD系とLinux系ではかなりオプションが異なります。
ということで、Linux編。確認したdateコマンドの正確なバージョンは以下のとおり。
$ date --version
date (GNU coreutils) 5.97
Copyright (C) 2006 Free Software Foundation, Inc.

フォーマット日付の取得
$ date  "+%Y%m%d %H:%M:%S"
20111128 09:00:00

Unixタイムスタンプの取得
現在時刻をUnixタイムで取得
$ date "+%s"
1322492450

$ date "+%s" -d "20111128 09:00:00"
1322492400

Unixタイムスタンプからフォーマット日付への変換
20111128 09:00:00(1322492400) から 1分後を取得
$ date  "+%Y%m%d %H:%M:%S" -d "1970-01-01 GMT +1322492460 second"
20111128 09:01:00

1日前1日後など、X日前後の取得。今日が20111128として。
1日前
$ date  "+%Y%m%d %H:%M:%S" -d '1 days ago'
20111127 09:00:00

10ヵ月後
$ date  "+%Y%m%d %H:%M:%S" -d '10 month'
20120928 09:00:00
X日前等、基準日より過去の日付を取得する場合は、'X days ago' (agoを付記)、
X日後等、基準日より未来の日付を取得する場合は、'X day'

カテゴリ

Amazon

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
47位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Copyright © nopgm