python moduleを使ってTeradataへアクセス

Python libを使ってteradataへアクセスしたメモ。

公式サイトの説明とライブラリのダウンロードは下記から。
Teradata Python Module | Teradata Downloads

サンプルソースは下記。
test_taradata.py
01:
02:
03:
04:
05:
06:
07:
08:
09:
10:
import sys, csv
import teradata

sql = "select top 10 * from db_test01.tbl_test01"
udaExec = teradata.UdaExec (appName="tera_test", version="1.0", logConsole=False, configureLogging=False, runNumber=None)
session = udaExec.connect("DB_TEST01")

csv_out = csv.writer(sys.stdout)
for row in session.execute(sql):
    csv_out.writerow(row)

$HOMEディレクトリ直下に、下記のような設定ファイルを保存。サーバ名(system)、アカウント/パスワードは指定のものを。
$HOME/udaexec.ini
[ODBC]
InstallDir=/opt/teradata/client/ODBC_64
Trace=0
TraceDll=/opt/teradata/client/ODBC_64/lib/odbctrac.so
TraceFile=/usr/joe/odbcusr/trace.log
TraceAutoStop=0
[ODBC Data Sources]
testdsn=tdata.so

[DEFAULT]
method=odbc
charset=UTF8

# Data Source Definition
[DB_TEST01]
system=teradb.com
username=YOUR ACCOUNT
password=YOUR PASSWORD

実行する時に、環境変数ODBCINIを設定。
export ODBCINI=$HOME/udaexec.ini

マニュアルを読むと、iniファイルの場所は、
1. /etc/udaexec.ini
2. $HOME/udaexec.ini
3. 実行時のディレクトリ/udaexec.ini
の順番で見るようですが私の環境では$HOMEに置かないと環境変数を設定しても参照に失敗していました。
何か抜けてのかも。まぁ実行できたので良しとする。。。


カテゴリ

Amazon

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
プログラミング
47位
アクセスランキングを見る>>

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

Copyright © nopgm